2013年09月17日

Mさん、クリスマスツリー完成

生徒のMさんが昨年から頑張っていた「ポインセチアのクリスマスツリー」が完成しました。
                   ポインセチアのクリスマスツリー.JPG

ポインセチアの周りに大小のシルバーのストーンをブドウの房のように貼り付けた所が斬新なアイデアですね。ちょっと思いつかない素敵なデザインになりました。
よく見えないかもしれませんが、枝の端にも一粒ずつ、ストーンがキャンドル代わりのように光っています。
てっぺんには、オーソドックスな星の代わりに十字架が光っていますね。

きっとごてごてしない、シンプルなツリーが窓辺に映えるでしょうね。
西畑由実先生の「白いポインセチアのクリスマスツリー」のアレンジ作品です。

Mさんは最初のいちごのタオルかけ、今はマフラーかけにしているそうですよ。
なかなかしゃれた使い方ですよね。

Mさん、バックを白にしてしまってごめんなさい。もうやだ〜(悲しい顔)
折角の作品の良さを半減させてしまいましたね。
パソコンに取り入れてから気づいて後悔しました。

写真は奥が深いです。
posted by マコちゃん at 15:49| 長野 | Comment(4) | TrackBack(0) | ★トールペイント教室  緑の風★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
生徒さんが丁寧に上手にペイントしてくださるとこちらも嬉しいですね。
こちらもそろそろクリスマス作品意識しないと。

ミヤマ大丸1大丸1という草花は高原に多いですね。
昔、高校時代何処かに登山して担任のk先生が
高原の草花の名前に詳しくて、思い出して懐かしくなりました。
Posted by mariz at 2013年09月17日 23:22
あれはツリガネニンジンと言うんだそうで生徒さんが帰りがけに教えてくれました。
ニンジンには程遠そうなんだけど。
K先生は植物に詳しかったのですか?
今はどうされているのでしょうね。
Posted by マコ at 2013年09月17日 23:35
とっても上品でお上手ですね。
ストーン使いが効果的で、白いポインセチアがよりいっそう素敵です。

私、まだポインセチアは描いたことないんです。
最近はいろんな色がありますよね。
でも、本物は翌年きれいに色づかせるのが無理でしょうから・・・ペイントがいいですね!
Posted by ラパン at 2013年09月18日 09:08
シンプルなのがご希望だったので、さびしくならないよう、しかも上品に仕上げるにはで、ストーンを買っていらっしゃいましたよ。
使い方も目からうろこが落ちる感じでした。
ちゃんとしたにも重みを感じる使い方ですね。花びらでなく、葉なので説明がややこしくなるのが珠に瑕でした。
Posted by マコ at 2013年09月18日 10:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375052115

この記事へのトラックバック