2009年04月10日

桃太郎屏風の左扉

桃太郎屏風左.JPG

まだ縁飾りはできていないのですが・・・
古屋加江子さんの桃太郎屏風です。

ホームセンターに行って、板を切ってもらいました。
だって、できあがったのは何千円もするんですもの。
ワンカット50円。経済的でしょ?
二枚の板を半分に切ってもらったのですが、残念なことに厚さがちょっと違うんだけど、まあ、ご愛嬌で。
私の好みで、バックはアンティックホワイトで。
鯉の鱗は金で・・・
テクスチャーは持っていないしやったことがないので、ちょっと和風が物足りないかな?
でも、この先生の絵は見た目よりとても描きやすいですよ。
ためらっている方いらっしゃったら、思い切って挑戦してみて下さいね。
右扉は本当は菖蒲の花なのですが、私は家紋と孫ちゃんの名前にしましたよ。

実は家紋、この本の兜の絵の上り旗に描かれてある家紋の裏返しだったんですよ。
おたまじゃくしが三匹頭を寄せて泳いでいる家紋なんです。

間に合うかな〜
posted by マコちゃん at 21:29| 長野 | Comment(2) | TrackBack(0) | ★和風トールペイント作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
屏風すごく立派に仕上がりましたね。
豪華でおまごちゃんも喜ぶことでしょう。
古屋先生の作品はどれをとっても力作揃い、描きたい作品が本当に多いです。この作品、素材はホームセンターということですが、ナイスですね。私もカットはよく利用します。

さっき、メールしました。
みてね。
Posted by mariz at 2009年04月15日 06:29
右扉もできましたよ。
菖蒲はやめて、波地に紋所と名前を入れました。
娘が中学時代使っていたレタリングの教科書から字は写しました。
縁に唐草模様みたいのを描かなくてはいけないのだけれど、何故か写しの白が載らなくて。
フリーハンドなんてとてもだしねぇ。
Posted by マコ at 2009年04月15日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117239119

この記事へのトラックバック