2017年02月26日

苺シリーズ第二弾 パスタメジャー、マグネット、フック

DSCF2368苺のマグネット茶地.JPG DSCF2359苺のマグネット.JPG 

DSCF2370苺のパスタメジャー.JPG DSCF2294パスタメジャー.JPG DSCF2323苺のフック.JPG

旬の苺をいくつも描きました。
娘に教わったスマホの「メルカリ」に登録してパスタメジャーを出品してみました。
が、二週間経ってもひとりにも閲覧してもらえなかったみたい、、、笑
そう人生は甘くはないですね。
いつものように佐久の *道の駅*「ほっとぱーく」に出品してきまーす。
posted by マコちゃん at 14:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★販売作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

映画「沈黙 Silence」を観てきました。

DSCF2288.JPG DSCF2289.JPG DSCF2287.JPG
中学時代に「沈黙 Silence」を読んだ。当時キチジロー、ロドリゴ神父の行動を理解するのはむずかしかった。
拷問という些かショッキングなシーンから映画は始まった。
12使徒のひとりユダのイメージが重なるキチジロー、神父を裏切っては赦しを求める彼の弱さと苦しみ。
私たち一人一人の心の中に不安に揺れ動く彼は存在すると思う。

自分のために人々が苦しむ。自分がもたらした布教は本当に「善」だったのだろうか?
人々は何も知らずにいた方が幸せだったのではないか?
人々が神を知ることによって生じた心の葛藤と犠牲。答えを求めるロドリゴに主は沈黙だけしているのか?
沈黙の中にきっと答えはあるはずとロドリゴは悩み苦しむ。

彼が「転ぶ」ことで信者の命は助けられた。
彼の「転び」によって隠れキリシタンの心も果たして救われたのか?失望か?
そして彼の心は干からびてしまわなかったのだろうか?
しかし誰もが自分の心と向き合うしかないのだ。

後に日本名と妻子をあてがわれたロドリゴは自分の周りに静かに「麦の種」を蒔いていったのだと確信する。
なぜなら彼の葬儀の時、誰にも知られないようにパードレの手に十字架を握らせた妻は一粒の涙も見せなかったということだから。
夫の「信念」に大きな信頼を寄せていたからこそ、夫が死によってやっと苦しみから解放されて今はパライソ(パラダイス)に迎え入れられて妻はホッとしたから涙はなかったのだと思う。
私は救われた思いだ。

posted by マコちゃん at 20:23| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする